会社紹介

空撮写真昭和40年の秋田湾地区新産業都市の指定を契機に、同地区の工業用地等の産業基盤の整備と相侯って進出した企業や既存企業の貨物を効率よく輸送するため、秋田県、日本国有鉄道及び関係企業が出資し、昭和45年4月、第三セクターの地方鉄道として秋田臨海鉄道株式会社が設立しました。

当社は、昭和46年に南線、北線全線の営業を開始し、向浜地区や内港地区、大浜地区、飯島地区等の臨海部に発着する大量の原材料、製品の輸送を通じて、地域経済の発展に寄与してまいりました。

その間、ドルショックをはじめとする経済情勢、社会情勢の大きな変化に加え、日本国有鉄道の民営化、荷主企業様の輸送品目や取扱量の変化、トラック輸送等への切替えや撤退など、当社を取巻く経営環境も大きく変化しましたが、輸送規模に見合った業務体制作りや経営の合理化等に取り組み、事業を展開しております。

当社は、安全に、正確に、大量に、効率よく運べるクリーンな鉄道輸送により、日本貨物鉄道株式会社や他の臨海鉄道と連絡運輸を行い、北は北海道から南は九州まで全国どこへでも皆様のご要望にお応えできる貨物輸送会社として、安全で正確な輸送サービスを提供しております。

加えて、当社は第一種鉄道会社として、経営トップから社員一人ひとりに至るまで安全を守る意識をより高く持つ社風を醸成し、「お客様を第一に考えた安全、安心、安定輸送」により、今後とも地域の発展に努めてまいります。

平成26年2月

経営方針

  • 安全で正確な輸送サービスの提供を実現しよう

  • 明るく活力ある企業イメージを創造しよう

  • 効率的で低コストの物流企業を目指そう

ページ上部へ
Copyright © 2017 秋田臨海鉄道株式会社.